水回りリフォームの予算平均額や工事期間は?セットはお得?

当サイトは、キッチン・トイレ・浴室などの水回りのリフォームにかかる費用相場を解説しています。水回りリフォームを検討している方、予算平均額が知りたい方、どうぞ参考にしてください。

 

 

⇒リフォーム業者選びの必読書【無料進呈中】

 

キッチンリフォームにかかる費用

 

 

キッチンリフォームとはいっても一部を取り替えるものから大規模なリフォームまで全て含めてキッチンリフォームになります。ですので費用の目安とはいってもかなり幅が広くなるので、どういったキッチンリフォームをするのかということを決めた上で費用の目安を確認するようにしましょう。

 

例えばガスコンロ、レンジフード、シンクといったようなキッチンの一部をリフォームするものだったり、システムキッチンを全て取り替えるというものだったり、配置を変更して新しいものに変えるといったようなものだったり色々ですが、こういう風に具体的に決めた上で費用について考えてください。

 

では費用の相場に関してですが、まずキッチンの一部をリフォームする際には設備の価格によって差が出てきます。工事費に関しては時間もそこまでかからないので、一部でしたら価格に差が出てくることはあまりないでしょう。

 

では、その上での費用の目安ですが、

 

  • システムキッチンが40〜90万円
  • キッチン設置費用5〜10万円
  • 給排水配管工事費5〜15万円
  • 電気配線工事費用1万円前後

 

トータルで約80〜120万円と考えておいてください。一般的なものでこの値段だということを頭に入れておくといいでしょう。もちろん価格に関しては見積もりをしてもらって決めるといいですが、一社だけではなく複数の業者で見積もりを出してみることで比較することが可能です。

 

トイレリフォームにかかる費用

 

 

介護などの理由で2階にトイレを増設をするというのは年々増えてきており、増設する際には押入れや階段の踊り場に1畳程度の空間があれば増設可能です。また、介護が目的ではなくても、来客に高齢の方が多いことで手すりを設置したいといったようなことや、他にも換気扇、通気弁の設置はもちろん、階下への排水の防音処理といったようなことも大事になります。

 

増設だけではなく1階に元々あるトイレを改装するというのもトイレリフォームの一つですが、古い家だと壁や天井なども工事が必要になりますので、工事費用は状態によってかなり変動します。

 

トイレを和式から洋式に変更する場合、トータルで25万〜45万円程度といわれていますが、これ以外に壁、床、天井の張替えも必要となると3万〜5万円は上乗せされます。

 

また、2階のトイレ増設の際は一般的には50万〜75万が相場とされていますが、これは近くに給排水管があるという条件での価格となりますので、もしない場合は給排水管の設備工事が必要になり、費用が上乗せされます。

 

一般的な2階トイレ増設の際の内訳は機器代金、工事費で約15万円、給排水管の設備工事で約18万円、建具工事で約8万円、壁、床、天井の工事で4〜5万円、電気工事で4〜5万円、現在は廃材撤去費用が約3万円上乗せということになります。

 

これは一例であり、住宅のトイレの状態やスペースなどによっても色々と変わってきますので、相場は相場として頭に入れておいた上で見積もりなどを出してもらうようにしましょう。そこから交渉すれば色々と遊離に運べるかもしれません。また、資料請求をすることで業者からアドバイスを受けることが出来るかもしれません。

 

一軒家のユニットバスリフォームにかかる費用

 

 

注意点について理解しておくことはリフォームをする上で非常に重要になります。注意点を把握して施工を依頼するようにしましょう。浴槽がタイルで作られている場合、面積を考えるとユニットバスと合わないということがありますので、きちんと事前にサイズを合わせておくことが必要になります。出来るだけ広い空間にする方法もあるので、リフォームの際は広さにこだわるということも必要になるでしょう。

 

ちなみにユニットバスからユニットバスでリフォームを希望しているのでしたら、東京は特に夏場の湿度が高いので、湿度をしっかりと気にして、換気方法を保つということが大事になります。もちろんユニットバスでは換気扇がついてはいますが、戸建てでしたら敢えて窓ガラスを設置することも可能ですので、事前に専門の業者と話し合って納得のいく設計内容にすることをオススメします。

 

また、ユニットバスとはいっても多くのメーカーから多くの種類が販売されていますので、自分の気に入ったものを選ぶということも大切です基本的に樹脂製のものが一般的とされていますが、デザイン性を重視したりシンプルなカラーにしたりと豊富な種類の中から選んでください。長く付き合うものですので後悔しないように選ぶことをオススメします。

 

もちろん機能性を知るということも大切です。最近ではホーローや金属などで保温性が高くなるような浴槽もありますし、床面がすぐに乾燥できるもの、ミストつきや乾燥機つきなど様々ですので、どういった機能を重視したいのかを頭に入れた上で選ぶようにしてください。

 

マンションのユニットバスリフォームにかかる費用

 

東京圏での新築マンションの値上がりというのは少しずつ目立ってきています。ここ数年で都内のマンションの値段は2割程の値上がりが目立ってきており、金利の下降トレンドが見られるにしても庶民が持つには多少難しい状況になっています。それによって中古マンションに目が向けられるようになってきましたが程度のいい中古マンションというのはいくらかあり、築年数をあまり視野にいれなければ選択肢は大きく広がってきます。

 

また、築年数が30年を超える物件の場合は必要な補修を行うことで十分に快適な生活が後れます。ちなみに既にリフォームした状態で販売している物件も多く見られます。ただ、リフォーム物件を購入するとなると注意が必要で、実は欠陥を隠すために施工されていることがあります。壁や床に適正に補修すると高額な費用がかかることで、それを隠すことを目的に見た目やフローリングなど、表面や見た目だけ取り繕った物件もあるのでそこだけ注意しておきましょう。

 

それ以外でしたら水回りも注意する必要があります。価格だけを見てしまうと最終的にリフォーム代がすごいことになってしまうということも考えておきましょう。もちろん最初から取り替えるということを考えているのでしが問題はありません。

 

また、理解しているとは思いますが、もちろん工事などで時間がかかってしまう可能性があります。入居してからリフォームをするとお風呂に入れないということになってしまいますので、出来れば入居前にリフォームを済ませておくと生活に支障がでることはないでしょう。

 

⇒リフォーム業者選びの必読書【無料進呈中】